脱肛 原因 症状 対策法

脱肛 治療方法 意味 自分で治す記事一覧

 脱肛とは、肛門や直腸の下の方の粘膜が肛門の外に出てしまう病気のことで、肛門粘膜脱とも言います。粘膜が肛門の外に出ると刺激を受けるので、分泌液が増加するようになります。その結果、肛門の周りが痛痒くなったり、湿疹が生じたりします。また、粘膜が肛門の外に出ると擦られて傷つくので、出血や激しい痛みを感じるようになります。症状がひどい時は、一部が壊死したり、細菌に感染したり、発熱することもあります。脱肛の...

脱肛とは排便する際にいきみすぎる場合や、出産などを経験し肛門に大きな負荷がかかった場合、加齢などの影響で肛門括約筋が弱くなった場合などに起こる症状です。脱肛の文字が意味する通り、肛門や直腸の粘膜が肛門外に飛び出すのが特徴となっています。また内痔核の症状が悪化し、肛門の外に痔核が飛び出している状態の事も脱肛に含まれています。脱肛になると肛門外に粘膜などの浸出液が出るようになります。肛門や肛門周辺に分...

 脱肛は軽いうちであれば自分で治すことができる症状です。まず初めに肛門の周りを清潔に保つことが重要となってきます。そのため、トイレの際にはトイレットペーパーできれいに拭き取るのではなく、ウェットティッシュ等を使用して優しく肛門の周りを拭き取ることが大切となります。この際使用するウェットティッシュ等は刺激の少ない肌に優しいタイプを使用することが大切となります。また、1度使用したもので2度拭きするので...