脱肛 原因 症状 対策法

裂肛記事一覧

 裂肛とは、きれ痔とも言われ肛門の粘膜や皮膚が切れることです。原因としては、食物繊維や水分が足りない固い便を無理に排便しようとして肛門が傷付き切れてしまったり、冷えから血液の循環が悪くなることで起こります。原因となる便秘をしやすい女性に多い疾患です。肛門は知覚神経や毛細血管が集まっている部分なので、少しの傷でも痛みを感じやすくなります。その痛みを避けるため、排便を我慢してしまいさらに酷い便秘になり...

裂肛は便秘などで硬い便を排出する時に、肛門を覆っている肛門上皮が切れてしまう症状のことをいいます。排便時に肛門付近の皮膚が切れたような痛みを感じる場合は、裂肛の症状が起きている可能性が高いです。急性の場合は線のような薄い幅の傷で済み、良い排便ができるように生活習慣を整えることで自然治癒されていきます。しかし良い排便ができずに硬い便を排出するのを繰り返してしまうと、症状が慢性化してしまい傷の幅が広く...

 「裂肛」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか。聞いたことが無いというかたも「切れ痔」という言葉なら聞いたことがあるかたがほとんどでしょう。裂肛とは一般的に切れ痔と呼ばれるものです。裂肛は乳幼児から高齢者までのすべての年代の男女にみられます。原因としては便秘で固い便が出るとき、太い便が出るとき、頻回な下痢便で肛門に傷ができるためです。この状態になると排便時に鋭い痛みを感じ、トイレットペーパーに少...

 お尻に関するトラブルを抱えている人がたくさんいます。しかし非常にデリケートで恥ずかしい部分となっているので、なかなか人に相談をすることができずに1人で悩んでいるという人も少なくありません。症状が軽い場合には、適切な処置をすることですぐに治療を行うことができますが、放っておくと悪化してしまう可能性があるので、なかなか完治させることができない場合もあります。したがって早めに適切な処置を受けるというこ...

 肛門付近に悩みを抱えているという人が少なくありません。切れ痔などのトラブルがありますが、最近は病院でその日の内に治療を終えることができるような所も多くなっています。男性の場合には、すぐに病院を受診して治療を受けるという人が多くなっていますが、女性の場合はデリケートな部分であるということで恥ずかしいので、なかなか人に相談をすることができないという人も少なくありません。そのなかで裂肛というものがあり...

裂肛とは、肛門の粘膜や皮膚が切れてしまうことです。きれ痔とも言われ、ダイエットや便秘をする女性に多い痔です。裂肛は、固い便が肛門を傷付けることや、下痢の強い勢いで肛門が切れてしまうことで起こります。裂肛にならないようにするには、便通を整えることが大切です。症状が軽い場合は、軟膏や座薬で腫れや痛みを和らげ、内服薬で便通を整えることで治る可能性が高いです。しかし、慢性的に裂肛を繰り返していると、傷口に...

 裂肛は肛門に生じる外傷の一種で、固い大便を強引に排出する際に肛門の皮膚が裂けてしまうのが原因の多数を占めます。肛門は大便に含まれる大量の細菌が付着している部分なので、裂傷をそのまま放置すると傷口に細菌が入り込んで炎症や化膿などの症状に見舞われるケースがあります。また、排便を行うたびに傷口が広がってしまうので自然治癒しにくいのも裂肛の特徴の一つです。そのため、裂肛を患った場合は医療機関で手術を受け...