脱肛 原因 症状 対策法

裂肛記事一覧

 裂肛とは、きれ痔とも言われ肛門の粘膜や皮膚が切れることです。原因としては、食物繊維や水分が足りない固い便を無理に排便しようとして肛門が傷付き切れてしまったり、冷えから血液の循環が悪くなることで起こります。原因となる便秘をしやすい女性に多い疾患です。肛門は知覚神経や毛細血管が集まっている部分なので、少しの傷でも痛みを感じやすくなります。その痛みを避けるため、排便を我慢してしまいさらに酷い便秘になり...

裂肛は便秘などで硬い便を排出する時に、肛門を覆っている肛門上皮が切れてしまう症状のことをいいます。排便時に肛門付近の皮膚が切れたような痛みを感じる場合は、裂肛の症状が起きている可能性が高いです。急性の場合は線のような薄い幅の傷で済み、良い排便ができるように生活習慣を整えることで自然治癒されていきます。しかし良い排便ができずに硬い便を排出するのを繰り返してしまうと、症状が慢性化してしまい傷の幅が広く...