脱肛 いぼ痔 違い

脱肛といぼ痔の違いとは

スポンサードリンク

 脱肛といぼ痔というのは、どちらも腸の一部が肛門から脱出してくるものです。
そのため混同されがちなのですが、この二つには明確な違いがあります。
まず脱肛ですが、これは腸の一部が脱出している「状態」を指しています。
つまり、痛みやかゆみなどと同じような、症状のことなのです。
ですので病気という認識ではなく、症状を表している言葉と捉えるのが正解です。
そのため直腸などが飛び出してくる直腸脱や、手術後粘膜脱なども脱肛と考えるのが一般的です。
こうした脱肛は、肛門括約筋の機能が低下して起こるものが殆んどです。
そのため酷い咳をしたり、便秘などの場合にも起こることがあります。
そうした場合には、手で元に戻すことが可能です。

スポンサードリンク

では次にいぼ痔ですが、こちらは症状ではなく病気と捉えるのが正解です。
どういったものかというと、簡単に言ってしまえば静脈瘤のコブなのです。
初期の頃には排便時にのみ脱出して、排便が終われば自然と肛門の中に戻っていきます。
そのため自覚症状がなく、気づかない人も多いのです。
しかし症状が進行してくると自然に戻らなくなり、常に外に出た状態となってきます。
こした状態になると、自覚症状が出てきます。
このようにいぼ痔というのは、たとえ肛門から飛び出した状態ではなくても、そこに存在しているものです。
飛び出した状態を表す言葉が脱肛です。
飛び出してくる部分というのは痔核である場合が多いため、混同して捉えられがちなのです。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛が戻らないのはいぼ痔の可能性があります
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
脱肛と痔の違いは症状の重症度の違いです
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。