出産後に多い脱肛〜脱肛予防法〜

スポンサーリンク

皆さんは脱肛と言う病気がどういう病気か知っていますか。
脱肛とは肛門や直腸の下の粘膜が肛門外に脱出する病気です。
なぜこの脱肛が妊婦さんに多いかというといくつか原因があります。
妊娠中、お腹のなかの赤ちゃんが成長することによって子宮も大きくなり、肛門や直腸あたりの静脈が圧迫されて、うっ血することによって起きる内痔核や自然分娩の際出産時のいきみの原因や胎児の頭による圧迫で脱肛になってしまう場合があります。
また以前から便秘だったという方は脱肛になりやすいです。
またこの脱肛と言う病気は痔の悪化の原因の一つでもあります。
ではこの脱肛にならないためにも脱肛予防法、対象法ははどうしたらいいでしょうか。
一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

まずは、便秘をしないことです。
便秘をしないためにも食物繊維の多いものをたくさん食べましょう。
また、体を冷やさないためにも生野菜ではなく温野菜を食べたりと工夫をすることもいいでしょう。
また、入浴をしてから体を温め血液の循環を良くしましょう。
もし妊娠中に痔になってしまった場合でも主治医に相談し下剤や軟便剤を処方してもらい落ち着いて対応しましょう。
適度な運動や正しい食生活を行って体のリズムを整え、脱肛予防をし安心して出産できるよう体調を整えていきましょう。
母子共に健康に出産できるよう自分と赤ちゃんの体調管理はしっかり管理していきましょう。
脱肛は、誰にでもなり得る病気なので妊婦さんだけでなくあなたも気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊婦の方の脱肛や治し方に関する事です。
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
出産で脱肛してしまう原因と予防対策
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
出産に伴う脱肛をしたときの治し方
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
産後の脱肛治療は、医療機関に相談すると良いです。
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。