脱肛を自分で治す方法について

スポンサードリンク

脱肛は軽いうちであれば自分で治すことができる症状です。
まず初めに肛門の周りを清潔に保つことが重要となってきます。
そのため、トイレの際にはトイレットペーパーできれいに拭き取るのではなく、ウェットティッシュ等を使用して優しく肛門の周りを拭き取ることが大切となります。
この際使用するウェットティッシュ等は刺激の少ない肌に優しいタイプを使用することが大切となります。
また、1度使用したもので2度拭きするのではなく、新しいものを使用して拭くようにすることが大切となります。
その後、飛び出している肛門を優しく指で押し戻します。
その際、ワセリンやガーゼを使用して丁寧に押し戻していき細菌の感染を防ぐことが大切となります。

スポンサードリンク

次に脱肛を自分で治す運動です。
こちらは肛門括約筋を鍛えるトレーニングを行います。
まず初めに肛門を2秒ずつキュッキュッと締めていきます。
これをおよそ1分程度続けていきます。
その次に肛門を10から15秒くらいぎゅーと力を入れていきます。
こちらも1から2分程度行います。
これを毎日5分程度行うことが大切となります。
このトレーニングを続けることで肛門括約筋が鍛えられ、徐々に脱肛が改善していきます。
また、脱肛を自分で治すためには食生活においても注意が必要となります。
特にビールや日本酒、ワインなどのアルコール類や唐辛子やキムチ、わさびや塩分の強い食べ物を控えることが大切となります。
このため、日常の食生活はできる限り消化の良いものをよく噛んで食すことが大切となります。
このように脱肛を自分で治すためには様々な治療を組み合わせることが大切となります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加