痔 腹痛

痔と思っていた出血で腹痛も重なれば大腸がんの可能性も・・・・

スポンサーリンク
 

 今回は痔と思っていた出血で腹痛も重なれば大腸がんの可能性もあるかもというお話です。

 

 痔は国民病ともいわれています。日本人の三人に一人は痔を患っているといわれるからです。
 痔の症状はよくある症状であることから、油断している人もいるかもしれません。しかし、痔だと思っていたら大腸がんだったというような思わぬ落とし穴が隠されている場合もあるのです。
 痔と大腸癌には血便、便秘、下痢、腹痛といった様々な共通点があるのです。
 しかし、痔が原因で出血するケースでは濁りのない鮮血を出血するのです。
 少量の出血のケースでは肛門からぽたぽたと垂れる程度です。またはトイレットペーパーに付着する程度です。しかし、出血の量が多くなると、便器が血で染まるほどに大量に出血することもあるのです。
 痔の症状がさらに悪化すると、痔が肛門からは脱出する脱肛になります。

 

 これに対して、大腸がんが原因の出血は三つの原因があるといわれています。
 大腸とは小腸側から大きく、盲腸、結腸、直腸に分けられます。その中でも癌になりやすいところは結腸と直腸だといわれています。
 結腸がんの症状は、血と便が混ざりやすいため、便の色が黒く変色します。
 直腸がんの症状は腹痛を起こして、下痢をするようになります。また、便の表面にこびりつくような血の塊を確認することができるでしょう。

スポンサーリンク
 

 大腸がんを予防するためには、便を排出することがかなり大切です。
 そのことはアフリカの一部の人たちが食物繊維を多く摂取して、体内の便をスムーズに排出していたため、大腸がんや痔の患者がほとんどいなかったという研究結果もあるようです。
 体内に長く便がとどまっていると、悪玉菌により便が腐敗します。そして、それが発がん性物質を発生させる原因だといわれています。
 また、食物繊維を多く含んだ便はやわらかく、スムーズに排出されます。ですから、肛門に負担をかけないということで、痔の予防にもなるのです。
 もし、突然腹痛に襲われたのであれば、すぐに安静にしましょう。そして、体の力を抜くことを心がけましょう。
 痛いと身体に力をいれてしまいがちです。それが、肛門に力をいれて、ますます痔の痛みがひどくなるからです。
 布団などの上で膝を軽く曲げた状態で横向きになりましょう。そして、全身の力を抜いておしりに力を入れないようにするのがポイントです。
 リラックスできた!!と感じたら、そのままの姿勢で少し安静にしておきましょう。
 急な出血の場合はおしりを綺麗にしましょう。そして、下着が汚れないよう肛門部にトイレットペーパーやコットンなどを当てましょう。また、突然の腹痛を感じたときと同じ方法でしばらく安静にすることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

裂肛の症状に対する治療法と原因の改善法について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
裂肛は急性であれば生活習慣を見直すことで自然治癒されていきます
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
市販薬で裂肛を治療する
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
裂肛と見張りいぼについて
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
裂肛の手術や体験について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
裂肛の手術後に注意すること
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
裂肛の傷を塞ぐ手術に要する費用や体調管理について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
イボ痔、裂肛、痔瘻の原因と症状、治療期間
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。