痔 脱肛 市販薬

市販薬で治る痔と脱肛の関係性

スポンサードリンク

脱肛とは排便時に肛門から直腸の粘膜組織が出てくる事を言います。
実は身近で誰にでも起こりうる事のある病気の一つです。
一般的にはイボ痔がひどくなって周りの組織が支える事のできなくなった為に肛門の外へと飛び出してしまうのです。
きっかけは痔であったり出産後になる人が多いようです。
初期症状としては排便時やいきんだ時、便秘などで長時間トイレに座っていた時などに脱肛しますが、最初のうちは立ち上がったりすると自然に戻るのが特徴です。
しかし悪化してしまうと排便時に限らずお腹に力を入れただけで脱肛するようになってしまいます。
もっとひどくなると脱肛した部分を手で押しても戻らなくなり常にでている状態になってしまうのです。

スポンサードリンク

痔などは一般的に知られていますが脱肛は人になかなか相談しずらく病院へも行かずに悪化してしまう事もあります。
まず気がついたら肛門の周りは清潔に保つ事が重要です。
お風呂や排便時には暖かいお湯で肛門の周りを洗いきれいにしましょう。
洗ったあとはすぐに下着でしめつけてしまうとむれてしまうのでしっかりと乾かしてからはくようにしましょう。
症状が初期症状の場合には市販薬で座薬や軟膏が手軽に手に入れる事ができるので用いましょう。
便秘や下痢をよくする人はまず普通の排便になるように生活習慣を見直す必要があります。
あとは肛門の周りの筋肉を鍛える事によってを防ぐ事ができます。
初期症状を感じた場合には対処方法を試してみるか病院で診てもらう事をおすすめします。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛がひどくなる前に市販薬で治療してみましょう
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
脱肛に座薬を使って治す
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
初期の脱肛は生活習慣の改善と座薬と軟膏で治療出来ます。
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。
脱肛の治療薬について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。