脱肛手術 方法

脱肛手術の方法を知りたい

スポンサードリンク

 脱肛は、イボ痔などが進行して肛門や直腸の下の部分のにある粘膜が肛門の外に出てしまうことです。
 初期症状は、下着が汚れるなど少しの不快感から始まりますが進行すると肛門から外に出た粘膜が擦れて出血したり、激痛が起こることもあります。
あまりに耐え切れず病院に行くことも多いようです。
高齢世代に多く出る病気ですが、出産がきっかけで脱肛になる人も珍しくないです。
肛門を診てもらうのは誰しも抵抗があるので、ある程度我慢しきれなくなってから行動に出てしまいがちです。
その結果、病気が進行していることも多く手術が必要になり入院になります。
痛みが強くなるので恥ずかしいと言っている場合ではなく、脱肛手術を望むのが一般的ですね。
その方法にもいろいろあります。

スポンサードリンク

脱肛には、軽いものから重いものまであります。
治療方法も軽いければ、自分で引っ込めたり、座薬やワセリン、オリーブオイルを使って内側に入れます。
ひどくなってくると脱肛手術が必要になります。
痔核を切り取って縫い合わせる方法や、輪ゴムで縛って消滅させる方法や痛みがある場合は切り取らず持ち上げて治す方法もあります。
脱肛手術は、わりと短期の入院になることがほとんどで日帰りでも出来ます。
入院は2日〜7日で済むことが多いです。
病院に行くまでにかなり悩みますが、診察を受ければあっという間に良くなる病気です。
脱肛は再発しやすい病気でもあるので、軽度でも何回も同じようになるなら手術をして切り取ってしまった方が良いですね。
まずは、早期発見です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛の手術と痛みの関係について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。