脱肛 意味

脱肛は肛門の飛び出しを意味し、医療機関での治療が必要です

スポンサーリンク

脱肛とは排便する際にいきみすぎる場合や、出産などを経験し肛門に大きな負荷がかかった場合、加齢などの影響で肛門括約筋が弱くなった場合などに起こる症状です。
脱肛の文字が意味する通り、肛門や直腸の粘膜が肛門外に飛び出すのが特徴となっています。
また内痔核の症状が悪化し、肛門の外に痔核が飛び出している状態の事も脱肛に含まれています。
脱肛になると肛門外に粘膜などの浸出液が出るようになります。
肛門や肛門周辺に分泌液が付着すると、湿疹やかぶれが生じるようになり痛みやかゆみなどの症状が出るようになってきます。
肛門周辺部分が頻繁にかゆくなったり、下着に浸出液が付着しているのに気づいたら、できるだけ早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

脱肛の症状に気が付いたときは医療機関で診察を受けるとともに、肛門周辺の衛生管理に気を付けるようにしましょう。
日常生活では辛いものやアルコールなど刺激の強い食事を控えるようにし、入浴や排便時には、肛門周辺を清潔に保つように心掛けます。
以上の点に注意しながら日常生活をコントロールし、医療機関で処方される軟膏や座薬を使って治療を行いましょう。
軟膏や座薬を使用しても症状が改善されない場合には、外科手術を検討します。
外科手術では症状の原因に合わせた手術が行われます。
痔核が原因となっている場合では痔核切除手術を行い、肛門の締りが悪くなっている場合には、ナイロン製のリングを使用し肛門を締める手術を行います。
肛門周辺のかゆみや違和感が気になる人は一度、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛の症状と原因と治療方法
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。