痔 脱肛 戻し方

痔から脱肛した場合の対処法と戻し方

スポンサードリンク

 脱肛とは腸が肛門から脱出している様に見えますが、実は出ているのは腸ではなく肛門の中に出来たイボ痔が大きくなったものです。
 そもそもイボ痔とは肛門付近の血管が強く力むことによってうっ血して膨らんだ状態のことをいいます。
 肛門付近に血豆が出来てしまった状態なのです。
 それがトイレなどで力んだ際に肛門外に出てしまうのが脱肛です。
初めのうちは自然と元に戻りますがイボ痔が大きくなってくると自然には肛門内へ戻らなくなってしまいます。
戻らなくなってしまった場合は指で肛門内へ押し戻しましょう。
自分でするのが難しい人は家族などに頼んで押し戻してもらいましょう。
指で押し戻し方ですが、無理に立って押し戻そうとせずに仰向けになって寝た姿勢で戻すとよいです。

スポンサードリンク

まずは仰向けになり、座布団などをお尻の下に敷きお尻を高くします。
そして人差し指にガーゼを充てます。
ガーゼには予めワセリンか痔の薬をつけておきます。
どちらとも無いという時はオリーブオイルをつけましょう。
次に入れやすそうな部分から順に肛門内に押し込んでいきます。
肛門付近を傷つけないようにゆっくり一ヶ所ずつ入れて下さい。
また小さな子供脱肛することがありますが、その場合はお尻の下に枕などを入れお尻を高くしてゆっくりと深呼吸させることにより自然に元に戻ることが多いので試してみて下さい。
上記のように自分で対処出来るなら良いのですが更に痔の症状が進行すると指で押し戻しても元に戻らず、常に脱肛している状態になってしまいます。
その場合は次第に痛みも出てくる為、最悪手術をしなくてはならいので早めに専門の医療機関や内科を受診しましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脱肛の正しい戻し方について
脱肛の原因と症状と対策法あれこれです。